口コミ促進ツール:キャンペーン開催中

Google口コミ削除の費用は?3つの削除方法と費用相場を徹底解説

Google口コミで悩まれている経営者の方は多いのではないでしょうか?

  • 悪い口コミが書かれてしまった…
  • 悪い口コミが原因で、集客が減ってしまった…
  • Googleに削除申請しても却下されてしまった…
  • 今すぐに口コミを消す方法を知りたい…

などなど、モヤモヤの種となっている評価の悪いGoogle口コミを何とか消したいという方は多いのではないでしょうか。

Google口コミを削除する方法は全部で3種類あります。

このページでは、その3種類の削除方法とその費用(相場)についてお伝えしています。

このページをご覧いただき、具体的に行動を起こしていきたい場合、実績豊富な優良な専門家をご紹介することも可能です。ご希望の方はこちらからお問い合わせください。

この記事を書いた人
小宮 康利

株式会社WEBBRIES 代表取締役
小宮 康利

自己紹介
元アフィリエイター。SEOアフィリエイトを武器に「お金借りる」「育毛剤 おすすめ」「わきが対策」などあらゆるBigキーワードにてSEO1位を獲得。2015年に起業後1年で年商1億円を突破。こうした実績を元に、500社以上に対してコンサルティングを行い、現在では、自身の会社を運営する傍ら、COO、CMOとして店舗・企業に携わり、企業のWEBマーケティングを支えている。店舗ビジネス向けの集客支援サービスPLUSWEBを運営している。
仕事内容がわかる動画はこちら>

Google口コミ対策でお悩みの方必見

\ 導入店舗3万件超え /
高評価のGoogle口コミが自動で集まる店舗ビジネス必携ツール

  • 高評価口コミだけ自動で増える
  • AIによる口コミ返信サポート
  • MEO対策機能もフル装備

\ 年間1,000件の口コミ獲得事例も /

Google口コミを削除する方法は3つある

Google口コミを削除する方法は3つあります。

  1. 自分でGoogleに該当の口コミを削除申請する方法(無料)
  2. 弁護士に該当の口コミのみを削除してもらう方法(40万円前後)
  3. 専門業者にGoogleマイビジネス自体を丸ごと削除してもらう方法(15万円〜40万円前後)

対応する専門家や費用も異なりますのでそれぞれ説明します。

① 自分でGoogleに該当の口コミを削除申請する方法(無料)

以下のやり方で、自分でGoogleに削除申請することができます。

こちらは1分ほどの時間ですぐに削除申請することが可能ですが、申請しても削除されない場合もあります。

申請してからすぐに認められて削除される場合もあるし、2週間後にいつの間にか削除されてることもあります。残念ながら、申請が却下されることもあります。(その間、Googleから連絡が来たり、こちらから連絡する窓口はメールも電話もありません…。)

前提条件として、否定的な口コミや納得できない・同意できない口コミであっても、コンテンツポリシーを遵守している場合は削除されません。

Googleが公開している投稿コンテンツに関するポリシーでは、以下の場合が認められた場合に限り、削除できる可能性があると記されています。

削除できる可能性があるもの
  • スパムと虚偽のコンテンツ
  • 関連性のないコンテンツ
  • 制限されているコンテンツ
  • 違法なコンテンツ
  • テロリストのコンテンツ
  • 露骨な性的表現を含むコンテンツ
  • 不適切なコンテンツ
  • 危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツ
  • なりすまし
  • 利害に関する問題

Googleマイビジネスの管理画面で削除申請する方法

ビジネスプロフィールマネージャー(旧Googleマイビジネス)にログイン
削除したい口コミの右横にある「 ⫶ 」(縦三点リーダー)をクリック

「レビューを報告」をクリックすることで、クチコミを報告する理由を選択できます。

以下は、冒とくを選択した場合の画像です。

GoogleMapから削除依頼する方法

ビジネスプロフィールマネージャー(旧Googleマイビジネス)にログインできない状況でも、GoogleMapから口コミの削除依頼をGoogleにすることができます。

以下の画像をクリックしたら、あとは、上記と要領は同じです。縦三点リーダーをクリックしてレビューを報告していきましょう。

Google検索結果から削除依頼する方法

GoogleMapから削除依頼する方法と同じです。削除したい口コミの横にある縦三点リーダーをクリックしてレビューを報告していきましょう。

② 弁護士に該当の口コミのみを削除してもらう方法(40万円前後)

これは、弁護士に依頼してGoogleに法的な削除を要請する方法です。

費用は、成功報酬30万円前後と返還されない着手金10万円の併せて40万円ほどかかる場合がほとんどです。

5万円からできるというブログなども散見しますが、着手金などが入っていなかったりする場合がほとんどです。

代表:小宮
代表:小宮

弁護士が実際にGoogleや口コミを書いた方と連絡する必要がどうしてもあるため、それだけの工数を5万円で実行する弁護士はまずいないとお考えください。(もし、いらっしゃいましたらご紹介させていただきたいので、ご連絡いただけると幸いです。)

弁護士に依頼する場合の具体的な手順

  1. ネットの誹謗中傷に詳しい弁護士に相談する
  2. 弁護士に着手金を支払う
  3. 弁護士が口コミに対して調査を行い「名誉毀損」であると判断する
  4. 弁護士がGoogleに法的な削除を要請
  5. 弁護士に成功報酬を支払う

弁護士に依頼する場合のメリット・デメリット

メリット:悪い口コミが削除される

ずっと気に病んでいた悪い口コミを合法的に削除することができるため、精神面で大きなプラスがあることが期待されます。

デメリット1:名誉毀損であることの立証が必要

このやり方は、「名誉毀損」であると立証することが必要です。

名誉毀損とは

名誉毀損とは、刑法230条(公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する)のこと。

名誉毀損を立証するには、以下の成立要件を満たす必要があります。

  • 「公然と」であること
  • 「事実を摘示」したこと
  • 「人の名誉を毀損」したこと
  • 同定可能性があること
  • 違法性阻却事由がないこと

特に、違法性阻却事由がないこと…が今回のGoogle口コミでの論点になる部分です。

違法性阻却事由とは

違法性阻却事由とは、仮に「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した」場合であっても、一定の場合には罰しないとされる特別な事情のことです。具体的には、以下の全てを満たす場合には、「違法性阻却事由がある」と認定され、名誉毀損にはなりません。

  1. 公共の利害に関する事実に係るものであること
  2. その目的が専ら公益を図ることにあったと認められること
  3. 真実であることの証明があったこと

例えば、政治家の汚職事件があった場合、その政治家の社会的な地位は下がりますが、事実であったり公益性が高いものの場合には、名誉毀損にならないということです。

代表:小宮
代表:小宮

こちらは、あくまで私が調べて得た法的解釈です。詳細については、専門家にお尋ねください。

デメリット2:時間が掛かる&費用が高額になりやすい

相談は無料ですが、実際に着手になった場合には10万円前後の着手金が必要になります。

また、実際に該当の口コミが削除された場合には、30万円前後の成功報酬を支払う必要があります。

1件の口コミ削除に対して、40万円前後の費用が発生するということです。

また、事実であることを立証する必要するまでに時間も掛かります。

デメリット3:着手金は返却されない…

もし、該当の口コミが削除されない場合であっても、着手金は返金されません。

③ 専門業者にGoogleマイビジネス自体を丸ごと削除してもらう方法

専門の業者に依頼することで、特別な手法を使って、Googleマイビジネスそのものを削除して、新しいGoogleマイビジネスを立ち上げてくれます。

ただし、特定の口コミだけでなく、これまでの全ての口コミが削除されてしまいます。

費用は、成功報酬20万円と返還される着手金10万円の合わせて30万円前後がほとんどです。(残念ながら口コミが削除されなかった場合には、着手金は返ってくるという②の弁護士とは異なるパターンです。)

専門業者に依頼する場合の具体的な手順

  1. 専門家に依頼する
  2. 専門家に着手金を支払う
  3. 専門家がGoogleマイビジネスを削除する
  4. 新しいGoogleマイビジネスが立ち上げる
  5. 専門家に成功報酬を支払う

専門業者に依頼する場合のメリット・デメリット

メリット1:費用が比較的安価

着手金10万円+成功報酬20万円の合計で30万円前後です。

メリット2:施策完了までの時間が早い

施策完了するまで10日前後とスピーディに対策されます。

メリット3:口コミが削除されない場合は、着手金は全額返金

万が一、口コミが削除されない場合には、着手金10万円は全額返金されます。当然、成功報酬の支払いもありません。

デメリット:良い口コミも全て削除されてしまう

悪い口コミも削除される一方で、良い口コミも全て削除されてしまいます。

Google口コミ削除に関する3つの削除方法と費用相場のまとめ

いかがでしたか?

Google口コミ削除に関する3つの削除方法と費用相場についてお伝えしてきました。

  1. 自分でGoogleに該当の口コミを削除申請する方法(無料)
  2. 弁護士に該当の口コミのみを削除してもらう方法(40万円前後)
  3. 専門業者にGoogleマイビジネス自体を丸ごと削除してもらう方法(15万円〜40万円前後)

お伝えした情報を表にまとめると次のようになります。

Google口コミの削除方法おおよその着手金おおよその成功報酬着手金の返金(有無)対策完了までの時間備考
① 自分でGoogleに該当の口コミを削除申請する方法0円0円非公開いつ削除されるかわからない。窓口もない。
② 弁護士に該当の口コミのみを削除してもらう方法10万円/件30万円/件90日程度該当の口コミが削除される。
③ 専門業者にGoogleマイビジネス自体を丸ごと削除してもらう方法10万円/件20万円/件10日程度全ての口コミが削除される。

もし具体的に行動を起こしていきたい場合、実績豊富な優良な専門家をご紹介することも可能です。ご希望の方はこちらからお問い合わせください。

Google口コミ削除についてよくある質問

自分で削除申請する場合については、1つのGoogle口コミにつき申請は1度しかできないようにGoogleの仕様上決められています。

削除申請しても削除されない場合には、弁護士や専門業者に依頼することになります。その場合には、該当の口コミが削除される可能性があります。

しかし、削除したい口コミが複数ある場合で、弁護士や専門家に複数依頼する場合には、費用も比例して増えていきます。

日頃からGoogle口コミへの対策を行うことが重要です。1からきちんと対策したいという方は、おすすめの方法もありますので、お問い合わせいただければと思います。

Google口コミは一般公開しておりますので、誰が書いたかわかるようになっています。

ただし、匿名で書かれることが多いため、本名や住所・連絡先などを入手することは難しいです。

このページでお伝えしている②弁護士のみがGoogleに対して開示請求を行い、本名・住所などを特定することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です