商売繁盛をオンラインで仕組み化する無料動画講座

商圏No.1の店舗になれる!店舗ビジネスのSEO対策|魅力と可能性

SEO対策とは?

Google検索をした時、皆さんは上から見ますか?下から見ますか?

実は、アメリカの企業(Advanced WEB RANKING)の調査によると、2021年10月は、検索結果の1位に掲載されると24%の方にクリックされるというデータがあります。ちなみに2位は9.1%、3位は4.92%、10位になると0.75%のクリック率なんだそうです。

1位と10位ではクリック率が約30倍も違うんですね!

ということは、皆さんのお店のホームページが上位に表示されていた方がたくさんの見込み客に知ってもらえるチャンスが増えるということです。

では、どうすれば皆さんのWEBページを上の方に掲載できるのか。

それがSEO対策になります。

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字なんて言われていますが、そんなことはどうでもよいです。皆さんのWEBページを上位に持ってくる対策をSEO対策ということをまずは頭に叩き込んでください。

この記事では、店舗型ビジネスに特化したSEO対策をお伝えしていきます。具体的にどうすれば皆さんのお店が上位に表示されるのか、その結果どれだけの売上に繋がるのかについてお話をしていきます。

代表:小宮

私はこれまで、数多くの検索キーワードでSEO対策を施し、20億円以上の売上に貢献し、多くの企業に喜ばれてきました。実践で積み上げてきたノウハウを元にこれからお伝えさせていただきます。

この記事の目次
  1. SEO対策がもつ可能性|SEOは皆さんにどれだけの利益をもたらすのか
  2. 今すぐSEO対策に取り組むべき理由
  3. Googleはランキングをどうやって決まるのか
  4. 具体的なSEO対策のやり方
  5. SEO対策をする上で大切なこと
  6. 弊社サービスPLUSWEBについて

SEOが持つ可能性|SEOは皆さんにどれだけの利益を生むのか

こちらの画像をご覧ください。これは、Google提供の無料ツール「キーワードプランナー」で調べた結果です。「下北沢 歯医者」と検索する人は月間で1300人いるということがわかります。(キーワードプランナーの使い方は後述します。)

皆さんは、この検索キーワードで、1位にいるとどのくらいの売上があるか予想できますか?今回は歯医者さんを例にしましたが、お店のビジネスがこれだけ検索されていると仮定して考えてみてください。

LTVがわかると計算しやすい

突然ですが、皆さんのお店の顧客生涯価値(LTV)はどのくらいですか?

顧客生涯価値(LTV)とは?

お客様1人あたりどのくらいお金を使ったかを表しています。過去100人のお客様がいるとして、1000万円の利益を生んでいれば、LTVは10万円と考えることができます。

このLTVが計算されていると、SEO対策がどれだけ皆さんに価値を生むかがわかりやすくなります。

LTVが10万円だとして、ざっくり計算してみよう

前述のとおり、検索1位は24%がクリックされるというデータがあります。

  1. 検索1位は約30%がクリック ⇒ 1300人×24%=312人がクリック。
  2. 312人の30%が予約すると仮定 ⇒ 約100人が来院。
  3. 100人×10万円=1,000万円

検索1位のお店はLTVで考えると、月間で1000万円の売上に相当する集客ができているという予想を立てることができます。

余談ですが…

ただ、実際のところ歯医者さんは高額の商品も扱っていると思いますので、きっともっと高額になるのではないでしょうか?SEO対策をするにしても同じ労力なので、LTVが高いビジネスの方が、売上が上がりやすいです。

LTVが低いビジネスの方は、アップセルやクロスセルができないか、または新しい商品やサービスができないかを検討しLTVを上げるとビジネスは上手くいくと思います。

SEOに取り組むべき6つの理由

広告費を節約しながら、大きな利益を生むことができる

先程の画像ですが、この検索キーワードで広告に出稿したとすると1クリックあたり242円から554円かかると書いてあります。1300回のうち、200回クリックされたとすると4万円〜10万円掛かります。年間48万円から120万円ですね。SEO対策をして検索1位になれば広告にお金を掛けずとも無料で集客できるので、広告費を節約して違うことに投資できたりします。

SEO対策をすると、MEO対策にもなる

MEO対策は、まず一番最初にやるべき売上UPに効果的なオンライン集客の方法です。ただし、ライバルが強い場合には、MEO対策だけでは上位表示できない可能性もあります。

しかし、SEO対策をすることは、MEO対策をすることに繋がるため(逆も然り)、ライバルに勝てる可能性があります。MEOでも上位表示され、SEOでも上位表示されれば、多くの方にアプローチできるのでまさに一石二鳥です!

MEO対策についてはこちらの記事を参考にしてください。

検索ユーザーはすぐに行動する傾向にある

Googleの調査によると、「原宿 カフェ」「新宿 美容院」のように、地名を入れた検索(ローカル検索)をするスマホユーザーの50%は、その日のうちに来店をするということがわかっています。

InstagramやYouTubeなどのSNS集客がよく取り上がられますが、SNS集客は少し未来の見込み客へのアプローチになります。

検索する見込み客は、タイプ1(いますぐ客)やタイプ2(おなやみ客)という行動を起こす方が多いので、この見込み客を集客できればすぐに売上に繋げることができます。

SEO対策をして1位〜3位にいないとほとんど意味がない

冒頭にも伝えましたが、掲載順位によってクリック率は全然違います。

  • 1位:24%
  • 2位:9.1%
  • 3位:4.92%

もちろんこれはキーワードにもよりますが、この数値は僕のこれまでの肌感覚とも近いです。

掲載順位が10位だと0.75%のクリック率なので、SEO対策をして上位表示させることが大切です。

上位表示されると成約率も向上!ブランディングに繋がる

掲載順位が1位になると、クリック率はもちろん向上するのですが、成約率も向上します。Googleが1位にしてるみたいな安心感が働くのだと思います。そのため、ブランディングにも繋がります。

先程の例でいうと、「下北沢 歯医者」の検索で1位になれば、下北沢で一番有名な歯医者さんと見込み客に思ってもらえます。

Google検索1位には、それだけの価値があるということです。ちなみにYahoo!はGoogleの検索エンジンを使っているため、Google1位=Yahoo!でも1位です。

代表:小宮

皆さんも検索1位にして、商圏地域で一番有名なお店にしませんか?

中長期的な集客が実現される

これはライバルがどんな対策をするかによって変わってきますが、一度1位になったらしばらくは1位に君臨することができます。その理由は複数ありますが、アクセス数が1位と2位では違うからです。

後述しますが、Googleはたくさんの計算をして順位決定していて、アクセス数も計算の要素に入っているからです。しかし、皆さんのWEBページに入ってまたすぐに検索画面に戻ってきてしまうと、Googleは皆さんのページを悪く評価します。

現実世界で考えるとわかりやすいと思います。興味をもってお店に入ったけどすぐに店を出てしまった。これ、確実に何かお店の中に問題がありますよね?WEBページでも同じです。

この状態が続くと、順位が下がります。だから1位になったらまたはなる前に、きちんとWEBページを見直す必要もあるのです。

どうやって順位が決まるのか

順位決定は、GoogleのAIが自動で行います。クローラーと言われるGoogleのロボットが皆さんのWEBページに定期的に訪れ、他のページと比較して順位決定を行います。

その歳、250以上の要素を比較して計算されるのですが、Googleが最も重視しているのは『信頼性』です。具体的には以下の4つです。

以下の4つを高めていくことで、Googleからの信頼ポイントが溜まっていき、信頼ポイントが他よりも勝ることで上位表示される仕組みです。

  • コンテンツの信頼性(コンテンツとは、記事や画像、動画のこと)
  • 人の信頼性(顔写真があったり、どんな実績や権威があるのか)
  • リンクの信頼性(どんな企業と繋がりがあるか)
  • ホームページの信頼性(SSL化しているか)

コンテンツの信頼性とは

コンテンツとは、記事や画像、動画などです。このコンテンツの信頼性を付与するには、わかりやすく正しく情報を伝えることです。

わかりやすくするには、文章だけでなく効果的に画像やYouTubeなどの動画を活用することが考えれます。

情報の正しさを示すためにデータの情報源を明らかにするなどが挙げられます。たとえば、この記事の冒頭でも信頼性のあるデータの情報源を掲示しています。

人の信頼性とは

顔写真を掲載して、どこの誰かを明らかにする必要があります。私は株式会社HERO 代表取締役の小宮康利と申しますが、どこのだれで、どんな実績がこれまでにあったのか(権威性)を示すことが今後益々求められていきます。

リンクの重要性

例えば、ココをクリックするとGoogleの検索画面になりますが、これをリンクと言います。関連性のある企業にリンクを付けたり、付けられたりする中で信頼性が向上していきます。

ホームページの信頼性(SSL化しているか)

以前までは、http://〜.comというURLでしたが、SSLサーバー証明書というものを発行してhttps://〜.comというURLでホームページを運営することが求められています。

見込み客の方がお店のホームページに入ってきた際に、通信データを暗号化してお客様を守ることができるようになります。これをSSL化とよく言いますが、これをしないとハッカーたちの手によって個人情報が抜かれる可能性もあります。

もちろん、それを引き起こした皆さんの責任にもなり兼ねません。お客様と皆さん自身を守るためにも、必ずSSL化しましょう。当然、SEO対策にも大きく影響します。

店舗のSEO対策は具体的にまずこれをやろう!

いきなり難しいことはできないと思いますので、まずは以下の手順で取り組んでみましょう!

SEO対策の手順
  1. 来店に繋がる検索キーワード「地名+サービス」などを10個考える
  2. 検索意図(キーワードで検索した人は何に悩んでいるか)を予想する
  3. 検索意図に沿ったタイトルを32文字前後で書く(必ずキーワードの言葉を含める)
  4. 導入文で記事の全体像を伝えて、読者にわかりやすいように工夫する
  5. 目次を作る
  6. 網羅性を意識する(読者が知りたい情報を全て網羅する)
  7. 効果的な画像や動画を入れる
  8. CTAを設定する(お問い合わせ方法などの誘導先)
  9. 誰が書いているかを明らかにする

① 来店に繋がるキーワード「地名+サービス」などを10個考える

「地域名+サービス」とは、例えば「世田谷 歯医者」「世田谷 歯医者 子ども」「世田谷 インプラント」のようなものです。(世田谷は東京の地名です。)皆さんのお店に合わせて、来店に繋がるような検索キーワードを考えてみましょう。

② 検索意図(キーワードで検索した人は何に悩んでいるか)を予想する

例えば、「世田谷 歯医者 子ども」というキーワードで考えてみましょう。皆さんのお子さんが実際に虫歯で歯が痛いと悩んでいるとします。そんなお子さんを横にスマホを片手にGoogleで検索しました。

さて、皆さんならどんな情報がほしいですか?これを考えるのが検索意図です。

  • 今この時間でも予約できるのか
  • 子どもでも対応してもらえるのか
  • 信頼できるWEBサイトかどうか

こんなことを潜在的に考えて合致したWEBサイトのお店に行くのではないでしょうか?

③ 検索意図に沿ったタイトルを32文字前後で書く(必ずキーワードの言葉を含める)

タイトルには、必ずキーワードの言葉を含めます。「世田谷 歯医者 子ども」というキーワードならば、この3つの言葉を必ずタイトルに入れてください。

実際にGoogle検索して、今現在1位のWEBサイトをスクショさせて頂きました。32文字までタイトルが表示されるのですが、こちらの歯医者さんのタイトル「世田谷区の小児歯科なら世田谷こども歯科」は短くてわかりやすくて、とても良いと思いました。

こちらの店舗さんはちょうど、小児科専門でしたが、皆さんのお店が小児専門でなくても、WEBページのタイトルに入れることで上位表示させることは可能です。

⑥ 網羅性を意識する(読者が知りたい情報を全て網羅する)

検索意図を考慮して、必要だと思う情報は盛り込みましょう。同じキーワードの1位から10位までのWEBページを調査することも大切なことです。

⑨ 誰が書いているかを明らかにする

できれば顔写真などをつけるのがベストですが、抵抗がある方もいると思います、必ずないとイケないというわけではありません。

SEO対策に取り組む上で大切なこと

せっかくSEO対策に取り組むならば、上位表示させて売上UPに繋げたいですよね。そのためには、計画を立てることと、分析して改善することが大切です。

そのために2つのツールを紹介します。①キーワードプランナーと②グーグルアナリティクスです。

① 計画を立てる(グーグルキーワードプランナー)

キーワードプランナーを活用することで、事前にどのくらいの収益が見込めそうかを調べることができます。ただし、キーワードプランナーは、「Google広告」の機能のひとつとして提供されています。そのため利用するにはGoogle広告の初期設定を行わなければなりません。

Google広告の初期設定はこちらから

具体的なやり方は別記事にアップするとします。

② 数値を見て改善する(グーグルアナリティクス)

グーグルアナリティクスを活用すると、実に様々な分析をすることができます。どのページが成約率が悪いとか、すぐ離脱してしまうとか。アナリティクスを分析することは簡単なことではありませんが、SEO対策をするならとても大切です。

実際、こちらは弊社がコンサルティングに入る前のメーカーさんのデータですが、1.3万人の人が入ってきて1万人の方が何もせずに離脱してしまっているデータです。

せっかく一生懸命に集客しても、筒抜けでは意味がありません。こういったことを調べる必要があります。

具体的なやり方は別記事にアップするとします。

ローカルSEO(MEO)対策も必ず行おう

さて、いかがでしたか?簡単ではないと思いますが、だからこそチャンスでもあります。ぜひSEO対策に取り組んでみてください。

また、MEO対策は取り組まれていますか?SEO対策よりも簡単で、非常に大きな効果を生むことができます。全ての店舗に必須の対策ですので、取り組まれていない方はぜひ始めてみましょう!

店舗のWEB集客ならPLUSWEBにおまかせ!

最後に、弊社のサービス:PLUSWEBについて紹介させてください。PLUSWEBは、店舗型のビジネスを経営される方を対象に、ネットで売れる仕組みを構築するお手伝いをしています。

店舗ビジネスが発展するためには、集客・販売・リピートの3つの要素が必要です。この3つをオンラインで仕組み化すると経営はとても楽になります。一度仕組みを作ってしまえば、やりたいことに集中できる時間も生まれます。

月額5.5万円から私小宮が貴社の顧問として入らせて頂き、1年間という時間をかけて仕組み構築のお手伝いをさせて頂いております。

PLUSWEBのLINEにフォローして頂くと、弊社のノウハウをまとめた動画とテキストを無料で配布しています。また、無料診断も随時開催しております。ぜひこの機会にLINEをフォローをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。