商売繁盛をオンラインで仕組み化する無料動画講座

インスタグラムの新機能|『地図検索』をお店の集客に活かす方法

2021年5月に新しい検索機能:『地図機能』がインスタグラムに追加されました。このページでは、この地図検索についての説明と、どうやってお店の集客に利用できるかについてお伝えしていきます。

インスタグラムの地図検索機能とは?

皆さんは、この地図機能の存在を知っていましたか?

インスタグラムを開いて、① 虫眼鏡をタップ、② 右上の地図機能をタップ、③ 現在地の周辺情報が表示されます。地図を移動させることで、他の地域の情報も知ることができます。

①虫眼鏡をタップ
② 右上の地図機能をタップ
③ 現在地の周辺情報

MEO(GoogleMapでの集客方法)との違い

MEOとインスタグラム地図検索との違いは、情報の広がりです。

MEOの場合には、検索した結果として情報を絞って、Googleがおすすめする3つのお店を紹介してくれます。インスタグラムの地図機能の場合、近くにあるお店を全部表示してくれます。

地図内に表示されたお店のうち、気に入ったお店をタップすれば、過去に誰かが投稿した画像を見て判断をすることができます。

Googleのサービス
Instagramのサービス

インスタグラム地図機能を活用するに向いている業種

実は、まだまだ発展途上のサービスで、9つのカテゴリーしかありません。

カフェ/レストラン/観光名所/ホテル/美容院/ラーメン/パン屋/スイーツ/バー

カテゴリーをタップすると、そのジャンルに合った店舗が表示される仕組みです。少なくとも、この9つの業種については取り組んだほうが良いと言えます。今後、インスタグラムが力を入れてくるサービスだと思いますので、映え感が出せる業種は取り組んだほうが良さそうです。

逆に、病院や歯医者さん、接骨院などはこの機能を使っても集客効果は薄いかもしれません。GoogleMapを活用したMEO対策に力を入れた方が良いです。

すでにインスタグラムのアカウントがあり、活用しているのであれば、地図機能を利用するのも簡単に行うことができます。

インスタグラムの地図検索機能の利用方法

Instagramの地図検索にお店が表示されるようにするには、フィード投稿に「位置情報」を追加する必要があります。

投稿作成画面で、「場所を追加」をタップして、検索画面で店舗を検索→指定すれば完了です。たったこれだけの作業で、地図機能を活用することができます。(アカウントがビジネスアカウントであることが前提です。)

インスタグラムの地図機能を活用して、より一層集客に繋げる方法

この地図機能には、自社で投稿した画像だけでなく、お客様が投稿した画像も表示されます。

お客様にも位置情報を追加してもらおう

お客様がインスタグラムに投稿をするときに、位置情報を追加して投稿すると、地図検索の写真にも蓄積されていきます。数字が多いほど、「人気店」だと思ってもらえやすいです。

プロフィール情報を整えよう

地図機能に表示されると、お店の詳細情報を調べることができます。住所を書いておくことで、GoogleMapで道のりを調べることができますし、営業時間を書いておくことで判断をすることができます。電話番号などもきちんと表示されているかを確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の地図検索機能は労力をかけることなく、新たな集客経路が確保できるのが嬉しいですね!

GoogleMapを活用したMEO集客も同様、今回のインスタグラムの地図機能も多くの方が今後利用するサービスになりますので、ぜひ準備していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。